腰椎椎間板ヘルニアで、通勤が困難だったが、手術を回避

初日の出

あけましておめでとうございます!
年が明けて2017年がやってきましたね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

新年1発目のブログは腰椎椎間板ヘルニアのお客さまIさんのお話です。

Iさんは12月頭、足を軽く引きずりながら来院されました。

30代の男性で、腰、もも、ふくらはぎに痛みと痺れがあり、
通勤の道のりを立っていられず、各駅で降りながら
いつもの3倍の時間をかけて会社へ向かったほど痛みが強かったそうです。

先に整形外科へかかり、レントゲンを撮って腰のヘルニアだと診断されていました。

当院でも詳しくお話を聞き、身体の状態を拝見して、お役に立てる状態かの判断をします。

つらい症状の原因はやはり、ヘルニアからくる坐骨神経痛でした。

仰向けで足を上げるヘルニアの検査は、健康の3分の1もしか上がらず、坐骨神経が通る足の筋肉にも全然力が入らない状態。

治療はまず腰から離れた手足のツボに鍼をして、身体の治る力を引き上げる処置をします。
そのあとは痛みのある腰自体に何箇所か鍼をして患部の血行をよくする治療をしました。

当時の状態はかなり悪かったので、治療開始から1ヶ月間は2日置きくらいのペースで身体に刺激を入れていきます。

1ヶ月間が経ち、ももやふくらはぎの痺れは残っているものの、年末には歩く姿に違和感がなくなってきました。

年が明け、整形外科へかかった時も状態が良くなってきているし、痛みも落ち着いてきているので手術は回避できそうとお喜びの声が聞けました。

お仕事の量も上手く調整し、必要な間隔で通っていただけたことが、しっかりと身体の健康に繋がっています。

今は週1回の間隔に空けて残っている足の痛みと痺れの治療を継続しています。

根本から整え、快適な生活を送ってもらえるよう、これからもサポートして行けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA